楽天モバイルを1年半使って感じたメリット・デメリット まとめ

今回はいつもの投資・旅行の話ではなく、自分の節約術(?)について書きます。

自分の節約は無理をしないがモットー(^^)

節約できてもストレスが溜まってしまったら、反動で別のことにお金を使ってしまいますね。

現在、管理人はアップルストアで購入したiPhone Xに通話SIM 3.1GBプランを差して利用しています。

1年半利用して感じたメリット・デメリットを紹介していきます。


 

●楽天モバイルの基本情報・メリット

 

1、回線はNTTドコモ回線

2、格安スマホ業者では珍しい店舗

3、データ通信料を翌月に繰り越し

4、料金体系

5、楽天でんわアプリで通話料半額

6、楽天メール設定ができる

7、楽天ポイントで支払いが可能

8、楽天市場でポイント2倍(通話SIMのみ)

 

では、1つ1つ見ていきましょう。


 

●1、安心のNTTドコモ回線

まず電波ですが、NTTドコモ回線を利用しています。

なので、楽天モバイルのエリアはNTTドコモと同じエリアです。

ドコモで購入した端末をSIMロック解除する必要がないのもメリットの1つ。

NTTドコモ回線を使用している格安スマホ業者は、他にLINEモバイルイオンモバイルなどがあります。


 

●2、格安スマホですが店舗があります

格安スマホは基本的にネット申し込みが前提ですが、楽天モバイルは店舗を構えています。

自分も大手キャリアから乗り換えたときに、ちょくちょく足を運びました。

実際に店員さんに聞けるのは安心しますね(^^♪

店舗がある格安スマホ業者は、他にイオンモバイルY!mobileなどがあります。


 

●3、データ通信料を翌月に繰り越し

特段メリットと言うわけではないですが、余ったデータ通信料は翌月に繰り越しできます。

ほとんどの格安スマホ業者は繰り越しできますが、一部できない業者もありますので要注意ですね。


 

●4、料金体系

ちょっと画像が大きくなりましたが、料金体系です(データSIMは割愛させてもらいました)

当然、大手キャリアよりかなり安いですが、他の格安スマホに比べて『安い!』と言えるほどでも無いですね。最近は横一線のような?

ベーシックプランは、かなり安いですが注意が必要です(デメリットに記載)


 

●5、楽天でんわアプリで通話料半額

ここからはメリットが強くなってきます。まず、楽天モバイルの通話料は、30秒20円です。大手キャリア、他の格安スマホもほぼこの料金。

ですが、楽天でんわアプリから電話をすると、通話料が半額の30秒10円になります。

LINEが主流ですが、急に電話連絡する場面もありますので、これは使うべきですね(^^♪

別で『5分かけ放題』オプションがありますが、こちらは月額850円ですので、あんまり電話しない人はいらないでしょうね。


 

●6、楽天メール設定ができる

キャリアから乗り換えた際、問題の1つにメール設定がありますが、楽天モバイルは楽天メールが設定できます。

新規にGmailやYahooメールを使う手もありますが、アドレス変更という意味では楽天メールのほうが設定しやすいかと思います。


 

●7、楽天ポイントで支払い可能(メイン!)

はい、コレです!自分が1番感じているメリット、楽天ポイントで支払い可能!

最初に設定しておけば、自動的にポイントで支払い終わってます。期間限定ポイントから優先的に支払いされるのも良心的!

今年5月にSIMの変更をしたのですが、事務手数料も楽天ポイントで払えました(^^♪

まだ12000ポイントくらい残っているので、あと半年近く携帯代はタダですね(笑)


 

●8、楽天市場でがポイント2倍

楽天モバイルの通話SIM契約者は、楽天市場でポイント+2倍です。通常1倍ですから合計3倍です(^^♪

ちなみに自分は、楽天カードホルダーも合わさって7倍らしいです(;^_^A

上の記事と言い、管理人は楽天グループの回し者ではありません(笑)

楽天グループはポイントをよくくれます。そしてそれを携帯代に充てれるのは、ポイントの無駄遣いが無くてよいですね。

 

ということで、メリットを挙げていきました。1番は楽天ポイントで払えることですね。携帯代の支払いが無いのと同じです(^^♪

デメリットを挙げていきます。

これは楽天モバイルのデメリットというよりか、格安スマホのデメリットも含まれます。


 

●楽天モバイルのデメリット

1、メールアドレスが使えなくなる

2、端末代がかかる

3、ラインのID検索ができない

4、ベーシックプランは通信速度が遅い

5、平日昼間など通信速度が遅い

6、格安スマホの中で安いとは言えない(それでも十分安い)

 

では、1つ1つ見ていきましょう


 

●1、メールアドレスが使えなくなる

格安スマホ共通の課題ですが、今までのキャリアメールが使えなくなってしまいます。

楽天モバイルは楽天メールというものがありますが、キャリアから楽天モバイルへ変更に数時間かかるわけですから、その間に来たメールは一切見れません。

また、メルマガなど登録先がキャリアメールしか対応していないところもありますので、注意が必要です。


 

●2、端末代がかかる

これも格安スマホの共通の課題。自分は以前ソフトバンクを使っており、端末のSIMロック解除ができないため、新規に端末を購入しました。

端末は新規購入する方が高い気がしますね。現在使用しているiPhone Xはアップルストアで15万しましたし(-_-;)

ちなみにドコモで購入した端末でも、3G端末は楽天モバイルでは使用できないので注意が必要です(3G端末にSIMを差すと圏外になります)


 

●ラインID検索ができない

これは格安スマホ共通なのか分かりませんが、自分がソフトバンクで使っていたラインID検索は現在使えません。

ラインID検索しようとすると、ドコモの年齢認証画面になり、ドコモじゃないので登録できず最初に戻る・・・(;^_^A

QRコードなどで追加はできるので問題ないですが、友達経由で教えるのには少し不自由ですね。


 

●ベーシックプランは低速データで遅い

料金プランの中で1番上に書いてある『ベーシックプラン』ですが、これはギガ数書いてなくデータ使い放題なんですね。

ただし、低速データが使い放題という事なんですよね(;^_^A

しかもかなりストレスを感じる速度らしいので、おススメはしません。


 

●平日昼間などは通信速度が遅くなる

昼間11時過ぎくらいから回線が混雑するため、遅くなります。

15時くらいには戻りますが・・・夜も21時くらいは遅く感じますね。

他の格安スマホも同じなのかもしれませんが、他の時間でも楽天モバイルは格安スマホの中では速い部類には入らないですね。


 

●6、格安スマホの中で安いとは言えない

というか、格安スマホは料金がほぼ横一線なので比較しようがなく、通信速度やキャンペーンなので比較するしかないですね。

例えばUQモバイルはauの完全子会社ということもあり、通信速度は速め。

あまり聞いたことないQTモバイル(九州電力の格安スマホ)はキャンペーンで、開始から~9か月目まで通話SIM、3GBが990円・・・。

楽天モバイルは、しいて言えば楽天ポイントが貯まりやすいとしかないですね。


 

●結論 楽天ユーザーなら楽天モバイル

というわけで、自分が使ってみてメリット・デメリットを挙げていきました。

結論で楽天ユーザーなら楽天モバイルがお得ですよってことですね。他にも安い格安スマホ、速い格安スマホありますしね。

今回調べていて、『SIM変更しようかな?』と、考えた格安スマホ業者もありましたが、自分はしばらく楽天モバイル使います。

というのは、楽天も第4のキャリアに名乗りを挙げているので、今後期待が持てそうなので。

あと、やっぱりポイントで払えるのはいいですね!クレカマニアとしてはポイントを使い切れるのが喜びです(笑)

 

下記から楽天モバイルに申し込みできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です